オンラインショップ  

お問い合わせ

桐ってすごい!

豊田産業は何故、

桐なのか。

 

豊田産業は元々桐の婚礼箪笥の衣装盆を作る家具の内装メーカーでした。

当時の府中家具の材質は非常に軽く湿気と通さない桐と決まっていて、

必然的に豊田産業には桐材の仕入れルートや扱い方の知識が蓄積してきていました。

実用面で言っても桐材は今でも臍の緒ケースや食パンケース、米びつなどにも用いられていて、

防腐作用や、密閉性など中のものを状態を変えずに保存する用途として日常生活の中でも活用されています。

更に桐はその成長がとても早く、昔は女の子が生まれると

桐を植え結婚する際に箪笥を作り嫁入り道具にするという風習もありました。

他にも古くは嵯峨天皇の頃から天皇の衣類の刺繍や染め抜きに用いられるなど

日本の時代や文化に寄り添ってきた樹木なのです。

 

 

 

 

Top